ログインしていません ログイン 新規登録

エニアグラム──自己成長とコミュニケーションのための人間学

日本エニアグラム学会

SSL
本サイトでの個人情報はグローバルサインのSSLにより保護しております。

エニアグラムについて<4>

以下の理論の詳細を紹介する定例的なワークショップはありませんが、不定期開催の『ブラッシュアップコース』や『特別ワークショップ』で取り上げることがあります。

ウイング

エニアグラムにおいては、タイプを9つに分類するものの、純粋に各タイプのど真ん中に位置する人はいないと考えています。誰しもが、その人の基本タイプに隣接するどちらかのタイプとの独特の混合体であると考えています。その隣接するタイプを基本タイプと区別する呼び方として「ウィング」と呼んでいます。

同じ基本タイプでも、どちらの「ウィング」を取るかで、印象がずいぶん変わります。「ウィング」の基本タイプに与える影響度合いは、人によって、強い場合から弱い場合まであり、それぞれの人が与える印象はかなり異なります。 「ウィング」については、エニアグラムの研究者によって、両方の「ウィング」を考慮するという考えや全く「ウィング」の存在を否定する考えもあり、自分の基本タイプをはっきり掴むことこそが肝要です。

本能のバリエーション

9つの性格タイプとは別に、本能に関する3つの要素、生存欲求、生殖欲求、社会適応欲求が各性格タイプにバリエーションを与えています。

3要素がどの順で強く働いているかで、同じタイプであっても異なる印象を与えることになります。例えば、同じタイプ5であっても、「社会型」が強く働いていると他の要素が強いタイプ5より、社交的な印象になると言えます。また、「自己保存型」ですと、人との関係は、最小限にしようとする傾向が強くなります。

  • 生存欲求本能に対応するものとして「自己保存型」
  • 生殖欲求本能の対応するものとして「融合型」

ワークショップスケジュール

メールマガジン

エニアグラム《自分探しの旅》
日常の視点からエニアグラムを紹介しています。(月2回発行・購読無料)
powered by まぐまぐ!

入会案内

日本エニアグラム学会に入会しませんか?
入会しますと、学会主催のワークショップ等を会員価格で参加できます。
また会員向けの機関紙(年4回発行)をお届けします。
ページトップへ戻る