ログインしていません ログイン 新規登録

エニアグラム──自己成長とコミュニケーションのための人間学

日本エニアグラム学会

エニアグラム概説

エニアグラムとは

エニアグラム

エニアグラムという言葉はギリシャ語で、エニアは「9」、グラムは「図」を意味します。つまりエニアグラムとは、「9の図」という意味になります。9つの点をもった円周と、それを繋ぐ線からできているこういう図形のことです。

エニアグラムがどこで生まれたのか、歴史はまだはっきりとわかっていません。この図は、もともとは宇宙万物の本質を表す象徴であり、その起源は古代ギリシャ、あるいは古代エジプトにまでさかのぼるとも言われています。

エニアグラムの性格論は、1960年代に作られたもので、1970年代からアメリカで精神医学や心理学の研究者が注目し、研究を重ね、理論を発展させ続けているもので、新しい人間学、心理学として世界各国に広がっています。

このように、エニアグラムは古い根に育った新しい木であるということができます。古代からの知恵に新しい心理学が導入されています。また、人の心に深く語りかけてくるので受け入れやすく、日本でも人間関係改善のために学ぶ人が増え、教育関係者、弁護士、医師、心理療法士のほか、大手企業でも研修に導入するところが出ています。

日本では1989年に「日本エニアグラム学会」が設立され、エニアグラムを紹介してきました。エニアグラムの理論は研究者によって意見が異なる部分もありますが、学会では主に、ドン・リチャード・リソ氏とラス・ハドソン氏の理論に基づいて説明をしています。この他、初めて日本で教えた『エニアグラム入門』の著者パトリック・オリアリー氏の説明も取り入れています。

3つの知性の中枢~センターによる分類

センターエニアグラムにおいては、性格を9つのタイプに分けています。それらの特性は、人間の行動特性に応じて、分類整理されたものです。私たちが持つ根元的な恐れや欲求に関係しています。

エニアグラムの9つの性格タイプは、3つのセンターから成る3つのグループに分けることができます。そのひとつが、センターによる分類です。人間の知性の源となるエネルギー中枢を誰もがもっていますが、タイプによって3つの知性のバランスが異なり、どれかひとつが特に強く働きます。

それぞれのセンターは、「本能センター」(タイプ8,9,1)、「感情センター」(タイプ2,3,4)、「思考センター」(タイプ5,6,7)と言われています。

  • 本能センター(腹=gut)……タイプ8,9,1
    • 本能センターは、活動のエネルギーで、生存と行動に関係しています。
  • 感情センター(心=heart)……タイプ2,3,4
    • 感情センターは、感じるエネルギーで、自分の気持ちをどう受け取り表現するかに関係しています。
  • 思考センター(頭=head)……タイプ5,6,7
    • 思考センターは、考えるエネルギーで、安全な居場所を探すことと関係しています。

この理論の詳細は、ワークショップ基本コース『プライマリーコース』で紹介しています。

「社会的スタイル」の三つ組み~カレン・ホーナイによる分類

社会的スタイル精神科医カレン・ホーナイの名をつけた分類があり、次の3つの型があります。

  • 主張型……タイプ3,7,8
    • 主張型は、何か困難やストレスに出会うと、それぞれのやり方は異なりますが、それに対抗していくことで解決を図ろうと試みます。
  • 従順型……タイプ1,2,6
    • 従順型は、困難なストレスに出会うと、他人の役立つようにと他者や自己の心にある要求に合わせて解決を試みます。
  • 後退型……タイプ4,5,9
    • 後退型は、世界との関わりから離れて、想像の世界に入り込んでいくことでストレスに対応しようとします。

各タイプが欲求を満たすためにとる社会的スタイルも表しています。

この理論の詳細は、ワークショップ基本コース『セカンダリーコース』で紹介しています。

「ハーモニクス グループ」の三つ組み~3つの対応スタイル

ハーモニクス人はある問題に直面したとき、とっさに感応して一定の態度が表に出てきます。どんな対応をとるのか、エニアグラムの9タイプは、典型的な3つの対応グループに分けられます。

  • 肯定的反応……タイプ2,7,9
    • 問題に対して、肯定的な側面に焦点を合わせて前向きな反応をします。
  • 解決的反応……タイプ1,3,5
    • 問題に対して、感情的にならずに合理的な解決方法をとろうとします。
  • 反射的反応……タイプ4,6,8
    • 問題に対して、反射的に感情的、身体的な反応が生じます。

この理論の詳細を紹介する定例的なワークショップはありませんが、不定期開催の『ブラッシュアップコース』で取り上げることがあります。

「ウイング」

エニアグラムにおいては、タイプを9つに分類するものの、純粋に各タイプのど真ん中に位置する人はいないと考えています。誰しもが、その人の基本タイプに隣接するどちらかのタイプとの独特の混合体であると考えています。その隣接するタイプを基本タイプと区別する呼び方として「ウィング」と呼んでいます。

同じ基本タイプでも、どちらの「ウィング」を取るかで、印象がずいぶん変わります。「ウィング」の基本タイプに与える影響度合いは、人によって、強い場合から弱い場合まであり、それぞれの人が与える印象はかなり異なります。 「ウィング」については、エニアグラムの研究者によって両方の「ウィング」を考慮するという考えや全く「ウィング」の存在を否定する考えもあり自分の基本タイプをはっきり掴むことこそが肝要です。

この理論の詳細を紹介する定例的なワークショップはありませんが、不定期開催の『ブラッシュアップコース』や『特別ワークショップ』で取り上げることがあります。

成長のレベル

成長のレベル成長のレベル(発達の諸段階)における「段階」という考えは、1977年にドン・リチャード・リソによって発見されました。それはタイプを説明するのに基本となるもので、リソは「段階」はタイプごとに9つずつ存在すると説明しています。

この9つの<段階>は、大きくは、健全・通常・不健全の3つの「段階」に分けられています。

エニアグラムが単なる性格分類にとどまらず、人間的な成長の道筋を示していると言われるひとつの例として、この「段階」の考え方があげられます。

すなわち、自分の基本タイプにおける自分の「段階」を知ることで、自分の性格タイプがより良くあらわれた状態であることを知ることができますし、反対に自分がどのような状態をあらわしている時には、不健全であるかと知り、さらに落ちていくことへのシグナルに気がつくことができるからです。

この理論の詳細は、ワークショップ基本コース『セカンダリーコース』で紹介しています。

「統合の方向」と「ストレスの方向」

エニアグラムにおいては、「統合の方向」と「ストレスの方向」というものも示されています。

  • 統合の方向 (1→7→5→8→2→4→1、9→3→6→9)

統合の方向

  • ストレスの方向 (1→4→2→8→5→7→1、9→6→3→9)

ストレスの方向
各性格タイプの人が、さらに人間的な成長をする時に、それぞれ「統合の方向」にあるタイプの性格特性の良い面があらわれると考えられています。「統合の方向」にあるタイプになるということではなく、基本タイプの自分の「段階」より同じか、それ以上の「段階」の特性があらわれると考えられています。

反対にストレスを受けた場合などには、「ストレスの方向」にある性格タイプの特徴があらわれると考えられています。

この理論の詳細は、ワークショップ基本コース『セカンダリーコース』で紹介しています。

ワークショップスケジュール

メールマガジン

エニアグラム《自分探しの旅》
日常の視点からエニアグラムを紹介しています。(月2回発行・購読無料)
powered by まぐまぐ!

入会案内

日本エニアグラム学会に入会しませんか?
入会しますと、学会主催のワークショップ等を会員価格で参加できます。
また会員向けの機関紙(年4回発行)をお届けします。
ページトップへ戻る